気分や大学生のぶろぐ

映画や本や歌、私の経験したことについて思った事を好きなように書いてるだけです。好きなものも嫌いなものも。ハタチです

もったいないのはなし

dumping jumpってのがあって

 

それをやってる人はwasting foodを問題にしてて、廃棄食品を貧困家族に寄付すればイイのになぁってひたすらに証明してて(文字通り体を張って。身を以て!)

でもなんか私は、それがもし起きたとしたら食品業界とか農家とかスーパー経営会社とか色んなところがやってけないだろうなって思ったよ。需要とか利益とかのシステムというか?が変わるんだからな

もし廃棄食品を無料にして人々に提供したとしたら、みんなそっちをとって、わざわざお金を払って行く必要ないのが大多数なんじゃないかなって。まぁそれをさらにビジネスにしてターゲットを中流家庭以下にするのもありそうだけど笑 なんか甘ったるい理想しかない人の意見が正義って大衆に認められるの嫌だなって思った。笑

これ私の価値観の根本だよね。笑 日本人らしいとかいうか。笑 あーあ。ちょっと変えたいかも

っていうのは、完璧を追い求め主義というか。ある視点でしか考えてなくて、だからこそ自分(あるいはその人とおんなじその視点しかもってない人たち)が正しいと思うことができる人が声を大きくして提案するのがいいのか、あるいはめちゃくちゃ色んな視点を持ってるからこそそのすべてを考慮、かみした末の妥協案にまたまだ悩み続けてる人がいいのか。。という。笑

悩んでもいいからその都度表現?アウトプット?すべきっていうモットーを心の底から信じたい私は!(今の結論)(この文章理解できるの私しかいない)

 

で戻ると

ある程度の希少性って大事だとおもう。お金が全てじゃないけど、お金じゃないってゆわれたらやってけないし納得できない部分(社会人の生活のほとんど)があるので、と思います

 

 

で、だから物事を極端に話すときは、それと現実とを結んでよりリアルにしないと理想論だなって。でもこれは私がちょっと変わってるからかな。あのビデオ見たり聞いた人は、素直にそうだなそれイイ考えだなって思うのかなぁ。